目的

まず、生きることそれ自体に、目的はない。
同時に、生きることに目的を設定することは出来る。

目的とは、目印のようなものだ。
目的地があれば、そこまで早く行く道筋を考えられるし、実際早く行ける。
目的を設定するとは、そういうことだ。

逆に目的地を決めなくても、ぶらぶら歩き回ることが出来る。
でもそれだけでは迷子になってしまう。
だから散歩にしても最終的な目的地は自分の家に設定する。
何かしら目的がなければ、生きていくのは難しそう。

だけれど目的ばかりでも息苦しい。
たとえば近所のコンビニに行きたいときに、自分の歩幅は何メートルだから右足から踏み出したほうが近いとかまで考える人はほとんどいないだろう。(げんかつぎならそんなこともするだろうが。)
目印が多いと、目印にばっかり目がいってしまって大変だ。
生きることそれ自体に目的はないのだから。

だから節目節目に目的を設定してみたりする。


目的をうまく使って、人生のおもちゃにしよう。

  1. 2009/01/31(土) 19:15:09|
  2. 着想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<  ものが呼んでる  |  ホーム  |  ツツヌケ  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pho10s.dtiblog.com/tb.php/174-3dd27d68