面倒くさくてクズで愚図で使えなくていいです。

こんな時間からハイボールを飲むことが間違い。

ただね、日に照らされたハイボールグラスは美しいよ。
氷と泡と液体と、いい雰囲気を醸すんだよ、こいつら。
いい感じに回るんだ、油断する時間帯のアルコールは。
ただとにかく、美しい物質には敵わんよ、と僕は思う。

他人から、面倒くさくて、クズで、愚図で、使えなくて、と思われながら、
それでもなんとか、欲を言えばそれなりに、聞いていく人生を所望します。

僕は人間関係も、日本の社会というやつも、
それなりによくわからなくて、それなりに面倒くさくて、
それなりに、嫌悪する。

それなりだから、それを回避するために一生懸命にもなれず、
中途半端に、だらだらと、生きているというよりは死んでいない。

人間関係には興味はなくても、人間には興味があるくらいのつもりでいたけど、
人間って、こんなもんか、社会の渦に巻き込まれれば、というのもある。  

なんとなく、いろいろなことが嫌で、
僕は人間の社会性という部分においては非人間であると思うし、
興味のないものは興味がなく、面倒くさい。

近ごろは興味のあるものも減ってきた。

やはり、部屋の工事というやつは、なんだかんだ楽しいものだ。
誰彼にとやかく言われながら、結局のところ、俺の問題なんだと、言い切れるから。

ああ、やっぱり、好きなことをある程度しながら、
ダラダラと、楽しく、それを面白がってもらえる人と、時間を共にしたい。

基本的に、なんにもしたくないのだ、僕は。
やればできる? しらん。やらなければできないのだから、ぼくにはできん。

結局のところ、生活には金がいる。
金を儲けようとしたら、それを安定させようとしたら、
ビジネスの螺旋に巻き込まれる。
ビジネスの中では、ダラダラはできない。

それで新しい道を探すエネルギーも、
リスクを追う勇気もありはしないのですん。

ビジネスはね、いろいろ切り離せば、憤れば、できると思うんですよ。
自分の考えや価値観など、どうでもいいものだという前提のもと、
憤りながら、他人の価値観からやることを逆算し、
納期のうちに仕上がれば、カネになるのだろう?

それをいやだいやだやだやだやだやだいやだいやだいやだいやだ

と感じてしまう僕は、社会的な意味での人間にはなれない。

結局、僕の言いたいことなど、思ってることなど、
本年として言えることなど、誰にも言えないのだ。

人と話していて思う。

『結局、自分の話がしたいんだろう?』

だから僕は、ただ、人の話を聞けばいいと思っている。
相手の言いたいことを聞き、相手の聞きたいことを言う。

僕の言いたいことは、その話すら最後まで聞いてもらえるとは思えない。

なにより、基本的にうまく言えないし、上手く言えないことは許されない。
言ってもいいかなと思える相手も大変希少だ。

自殺もできないとなると、
結局のところ、透明人間のようになりたいと、そう思うのだ。  

  1. 2013/11/23(土) 14:36:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0