R0019584

嘘で、騙されてもかまわない、と思えるものを見つけること。
個人として信じること。

  1. 2009/09/27(日) 02:07:33|
  2. 一言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

孤独と集団

孤独がなくては自分を生きられないみたいだ。あくまで僕は。
同時に、人が集まるということがものすごいポテンシャルをもつらしいということが、今更ながらやっと明確に見えてきたのだけれど、孤独のために、それとは逆のことばかりやってきて、なによりも僕自身がそういった具合に変わってきてしまっている。

今度は、相反する様なふたつとどう対決して、どう自由に生きるかと対決しなくては。

  1. 2009/09/25(金) 18:24:28|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナウシカ

ナウシカを読みながら、ウトウトと眠りについた。
よくわからないイメージ。
木の幹のようなものを中心に、何かがそのまわりを取り巻いている。
幹の様なものから生えているのでなく、幹の周りで何かが浮いている。

見るということよりももっと奥まで見ている様な。

意識は現実に繋がりながらも、僕はそれと一体化しようとしていた。

一体化しようとしているという事以外、その夢では何もわからず、そのイメージは僕自身を大きく超えていたかもしれない。

  1. 2009/09/22(火) 20:19:21|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

文章の効用

何かを文章にしたり、誰かに明言していたら、自分自身もその通りに近づいていくとしたら、根拠とかそういったものは飛び越えて、願望を書いて行くのもひとつのやり方だろう。

もちろん、何の犠牲もなく良いほうにばかり変化するなんてあり得ないですけれどね。

  1. 2009/09/22(火) 01:54:07|
  2. 着想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

疲れ

朝起きて、出掛けて、夜まで何かして、帰ってくると、疲れてる。

当たり前のことなのですが、この「疲れ」の持つイメージがもっとよいものがあるんじゃないかと。
「疲れ」という言い方をしてしまうと、とっとと解消すべきものとしてのイメージが強いと感じるのですが、実はほんとうにそれほどまで疲れるってことは少なくて、ある種疲れた自分を演じている気さえする。
習慣的に疲れた風に振る舞ったり、家という安堵で切る空間故に自我が弱まって自発的な行動をしなくなったり、一日で頭の中に溜め込んだ考えてしまういろいろを考えないために寝てしまいたかったりで、疲れたという様なイメージを抱きやすいと思うが、どれほど、体や頭や心や魂の連続的な使用の限界としての疲れがあるんだろう。

逆にいえば、疲れを感じたときに、ただ休めば良いとは限らないかもしれないです。

近頃夜になると寝るつもりでないままに寝てしまって、体がなんだかかゆくなって、口内炎もできて、とういのは、何かよろしくないことがあるのかもしれない。


何かよろしくないことがあるのかもしれないが、今は何がいけないかを考えようとも思わない。
こうだろうなと思い当たるところはあるけれど、それをあまり突き詰めようとは思わない。
それを突き詰めても、いろいろなものごとが強ばっていくばかりだろうから。
だから僕は今を生きようと思います。
突き詰めるにしても、今を生きるというベースの上に立つように。
疲労感というのは、ともすると、今を生きられていないということだろうか。

疲れを感じたときは、休むことと同時に、今を見つめることが出来ているかに少しだけ注意してみたい。

  1. 2009/09/22(火) 00:59:37|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ