6/29

猫と戯れた。

ルームシェアとか、ドミトリーハウスとか、ゲストハウスをネットで調べた。

渋谷へ行った。

カラーネガフィルム(CENTURIA24枚撮り)を8本購入。784円。

BUNKAMURAの無料のギャラリーを見た。写真ならではの雰囲気を絵に描いていた。

伊右衛門を購入。久々に飲んだ。128円。

映画「精神」をみた。僕の憧れている世界に近い気もした。1800円。

新宿へ行った。

GR digitalを中古で購入。17800円。安い。

世界堂へ。筆と墨を購入。869円。

帰宅。


お金使い過ぎ。節約しましょう。

  1. 2009/06/29(月) 23:47:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

つくす

言葉をどんなに尽くしても、嘘っぽくなるばかり。

尽くすべきは言葉じゃないだろ。

  1. 2009/06/29(月) 00:23:07|
  2. 一言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

わからなくなってきました

わからなくなってきました、という時期がある。

とてもたくさんのことがわからなくなって、どちらに踏み出したら良いのかすらもわからなくなることが。(いつも多かれ少なかれ、この状態なのかもしれない)


そんなとき、「なにがわからないか」がわかると、一気に開けることがある。
答えではなくて、問いを求めるのだ。
「それは何の問題だね?」
ということがわかればいいのだ。

こういうのは多くの場合、人と話したときに見つかる。
話し相手がそういうことを言ってくれることもあるし、会話の中で自分で気がつくこともある。
あとは本を読んでいて見つかることもある。


人と話すのはたいせつ。

  1. 2009/06/28(日) 23:42:08|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

そもそも絶対量が足りていない

何かと考えて、出してみた結論は、すぐに「だめじゃねえか」となってしまう。
何が足りないのかと考えてみるのだが、経験と知識と知恵が純粋に足りていないということなのかも知らん。
わかっちゃいないのにわかったつもりになってしまうこたが多いのは、そういうわけか。

  1. 2009/06/26(金) 11:34:46|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

反芻

言葉にして反芻することは、まだ自分になじみきっていないことが多い。

言葉で反芻すると、同時に、自分がそのことをわかっていると思うことになる。

言葉で反芻したことは、言葉で反芻することを忘れた頃に自分のものになっていることが多い。

  1. 2009/06/25(木) 23:48:16|
  2. 一言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ