写真のこと

R0020333

写真というものがある。
写真は、シャッターを切れば撮れるものだ。当たり前なのだけれど。
逆に、どんな広大な景色を前にしても、どんなぶっ飛んだ表情を引き出しても、どんなズレた看板を見つけても、どんな完璧なプランを練っても、シャッターを切らなければ撮れない。当たり前だけれど。

意思に関係なく、シャッターを切るか切らないかの問題だ。

意識的に何かを撮る。撮りたいものがあって、シャッターを切る。それがオーソドックスな写真。
そこから考えを進めるのなら、何が撮りたいのかを明確にし、その撮りたいものの特徴を引き出すにはどうしたら良いかを突き詰めていけば、人に伝えやすくなる。
そういった方法がある。

そういうのがあるはわかるし、利用したりもするのだが、それではつまらないし、僕がやりたいのはそれではなさそうだと思ってしまう。
もちろんそのやり方を突き詰めていくことの面白さはありますが。

R0021718

写真を撮るときの快楽のひとつに、撮っていけばどんどん撮れて、僕などはデジカメ世代だから、撮ったものが見たものとは違う形でどんどん保存されていくことがあります。
撮ってみることで、見えているはずのものが別の形でまた見える。そういった愉快さがあります。

R0020919

そういうとき、意識的に撮るものを選ぶのですが、撮り方もある程度意識するのですが、撮れたものを見たときに、「おぉ」となるものが撮れていたりするから面白くて、予想以上を予想しながらやっていくという楽しみがあります。意識できないところを意識的に目指すんです。

R0020589

見ることからの微妙なズレが面白いんでしょうね。
自分を通すということがどういうことかということと、通す自分自身のことと。

R0021713

写真をよいなーと思うところは、シャッターを切れば撮れるということ。
良いも悪いも、考えるも考えないも、人が感知できるかなど関係なく撮れる。
だから、どんな写真でもいい。枚数を撮りたいと思うんです。
デジタルだからお金もかかんないしね。

  1. 2009/12/02(水) 23:35:39|
  2. 写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

博物学的に

R0016807

博物学的に写真を撮れないものかなぁ。
採集して、分類するように。
採集も分類も、やり方が蠢いていそうで、それを確立することすら大変そうだが、採集と分類の手法を身につけたい。写真で。

と、考えてみるのだけれど、どうしたらいいのか全然わからないのだけれどね。

  1. 2009/08/05(水) 23:01:54|
  2. 写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

たくさん

たくさん撮っていると、何かしら見えて来る。
見えてきたものの中でどれが大切なのかもわからないけれど。

R0014082


カメラを右手に持ちながら歩くといろいろなものに注意する。
それに慣れてきたときにカメラを持たずに歩くと、もっと注意できる。
カメラを持ってるときは、こちらが撮っていることを撮っている相手にばれたくないから、踏み込みにくいのだ。一歩遠くなる。あと、近づきすぎるとフレームに入らないというのもあるが。


R0014103


僕の写真は写真として考えるべき構図とかいろいろがなっちゃいないのだと思うが、僕に撮ってはそれよりも重要な諸問題があり、そのためには仕方がないのだろう。


R0014032


写真が整っているかどうかを考えることなら、撮った写真の中からウェブアルバムに載せるものを選ぶときに否応なく見ることになる。どのくらい深くまで見えているかはまた別問題だけれど。


R0013867


考えたってわかりゃぁしねえよ。
でもそのことはもう、体で感じてるじゃねえか。

と、いうようなことを手探り中。

  1. 2009/07/11(土) 00:46:41|
  2. 写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

写真を撮る上で意識しよと思ったこと。

R0013441

撮りたいと思った対象に踏みこむこと。



R0013377

フレームの中に入れること



R0013458

ブレすぎないようにすること。




以上。
あとはもう、数撮らなくちゃわかんないんだと思う。数撮るにしても、カメラと被写体を結ぶ集中力は薄くならないように気をつけたい。

  1. 2009/07/06(月) 00:33:57|
  2. 写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モノクロ

R0013290

モノクロで撮られた写真は、普段目にする景色と離れているから、その分だけ何が写っているのかわかりにくいし、同時に写っているものとは別の何ものかにも見えやすい。

R0013169

さらに色という要素を削っているから、影の具合にも目がいきやすい。

R0013193

総じて、写真を見る人から写真の側へと歩み寄ってくる距離が増えるんじゃないかなぁ。

  1. 2009/07/05(日) 09:25:04|
  2. 写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ