BRUTUS 吉本隆明特集。

BURUTUSの吉本隆明特集を買いました。

http://magazineworld.jp/brutus/679/read/

これが、いい。
吉本隆明さんという偉大な思想家のお話を読むと、僕も構えた読み方になって、高尚そうな考え方をしようとしてしまうようなところもあるのですが、この特集では、それを見事に崩してくれました。
だって、開いてすぐにでてきたのがAKB48なんですもん!
あぁ、普通の悩みを、吉本さんに聞くつもりでいいんだって。

まとめ方も好きで、僕はイトイさんのほぼ日での特集を通して吉本さんの考えにも触れたりしていて、ちょこっと本も読んだりしていて、それをうまく思い出しやすいような形にまとまっていて、それを読み直すことで、反芻することで、新しいことがパァッと見えてくるのが吉本さんの思想で、僕の生活が凝り固まってきたときに、ぱらぱらめくってみるメモ帳のような役割として、手元に置き続けたいなぁと思っています。

ほぼ日も併せて読んで、とても面白い。
吉本さんの講演の音源のダウンロードできるURLも載ってて、二度美味しい。

BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 2/15号 [雑誌]BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 2/15号 [雑誌]

マガジンハウス 2010-02-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  1. 2010/02/05(金) 15:36:20|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

R0016652

僕は僕が思っていた以上に本に思い入れがあるかもしれない。
そう思い始めた。
読み物として以外の見方も含めて、だ。

さて、もしかして、将来のことを考えるのにこれは考えておいたほうがいい問題だろうな。
じわじわ考えます。向き合います。

本をメディアとして捉えてみることをやって、次にメディアを本として捉えてみることをやってみたら、何かしらが見えてくるかもしれない。

本とメディアの特徴をさがすことと、重ね合わせていくこと。
面白そうだ。

  1. 2009/08/01(土) 08:35:22|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トリツカレ男

「おーいジュゼッペ、トリツカレ男!」

「今度はなんだい、いったい何にとりつかれたんだい?」


トリツカレ男、ジュゼッペはいろんなものにとりつかれる。
オペラ、三段跳び、サングラス集め、潮干狩り、刺繍、ハツカネズミなどなど。
好きなことをするとかじゃなくて、とりつかれちまうんだ。


あるとき、ジュゼッペ、トリツカレ男にハツカネズミは言ったよ。

「なにかに本気でとりつかれるってことはさ、みんなが考えてるほど、ばかげたことじゃあないと思うよ」

「そりゃもちろん、だいたいが時間のむだ、物笑いのたね、役立たずのごみでおわっちまうだろうけれど、でも、きみが本気をつづけるなら、いずれなにかちょっとしたことで、むくわれることはあるんだと思う」

ジュゼッペはそんなことは関係なくとりつかれちまうんだけどさ。


ジュゼッペはトリツカレ男だから、いつだって本気なのさ。どんなにくるしくてもね。
こんなこともあったね。

「せめてもだよ」
とジュゼッペは息苦しそうにいった。
「やるべきことがあるわかってるうちは、手を抜かずに、そいつをやりとおさなくちゃ」

とりつかれてるからどうしようもないんだけどさ、それを見ている身としては、トリツカレ男には幸せになってほしいのさ。


トリツカレ男 (新潮文庫)
トリツカレ男 (新潮文庫)いしい しんじ

おすすめ平均
starsほっとけない人がいる。
stars気づいたらトリツカレています
stars気がつくとトリツカレている
starsコドモもオトナも楽しめる童話
starsほんわか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  1. 2009/04/23(木) 01:15:59|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

小山薫堂さんの、もったいない主義

もったいない主義。
「おくりびと」の脚本を書いた小山薫堂さんの著書です。

これを読んでるとき、そのタイトルを見た友人に「なんでそんなん読んでんの?」と言われ、おくりびとの脚本家の書いた本だよと言ったら納得されました。
良さを伝えるのには、このタイトルでは伝わらんくても、この人の名前なら伝わる。
皮肉じゃなくて、面白い事実だな、と思いました。
僕だってだいぶたくさんの本を、中身も見ずに読む必要はなさそうだと判断してる。
でももしその著者が何をやってるのかを僕に教えてくれる人が現れたら、歓んでその本に飛びつきそうだと思います。伝え方は様々。

自分のこだわりとちがうところがあったからって、伝えることをあきらめてなかったことにしちゃうのはもったいないですよね。

小山さんの作った番組、「ニューデザインパラダイス」と「東京ワンダーホテルズ」と「東京湾ダーツアーズ」は、とても熱中してみていました。



小山さんの考えを読んで、僕が思ったこと。
まず、そこに何かがあったら、まずはその存在のことを認める。
一見自分に都合に悪いものでも、あまりにも日常的すぎて気にも留めないようなものでも、まずはそれがそこにあるってことを認識する。
それが、始まりだ。
そしてそれを解釈する。
世間的にはネガティブに解釈されやすいものでも、もう一度解釈し直して、他のものと結びつける。
どうやったら少しでもいいから心躍るかな、って考えるんだ。

だから、いろんなものを視点を変えないで見続けるのはもったいない。
どんなものでも、視点を変えて、解釈を変えてみればとてもたくさんの可能性があるのに。

楽しく見られるものは楽しく見られるし、楽しくできることは楽しくできるんだよ、っていうのが、一番共感できたことかなぁ。

でもこれだけの解釈で終わっちゃうのももったいないし、今度は誰かにこの本を貸すかあげるかして、話を聞かせてもらおう。


もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)
もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)小山 薫堂

おすすめ平均
starsこの本を読まないのは「もったいない」
stars本題以外にも、著者が脚本を手がけた映画「おくりびと」の誕生秘話が、さりげなく書かれていることで、物凄く得をしたような気分にさせてくれます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  1. 2009/04/14(火) 14:34:04|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

また性懲りもなくブックオフ行きました。

昨日、秋葉原のブックオフ行きました。
近頃は近場の田喜野井のブックオフにばかり行っていたので、秋葉原の品揃えの良さにあらためて感激です。
というわけで、買ったものリスト。

バカドリル いくよ (扶桑社文庫)
バカドリル いくよ (扶桑社文庫)天久 聖一

おすすめ平均
stars心あたたまる作品
starsもはや伝説
starsシュール好きにはたまらない一冊。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3時間熟睡法―簡単に疲れが取れる 驚くほど頭が活性化する (知的生きかた文庫)
3時間熟睡法―簡単に疲れが取れる 驚くほど頭が活性化する (知的生きかた文庫)大石 健一

おすすめ平均
stars短時間睡眠のススメ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



夢判断 上 新潮文庫 フ 7-1
夢判断 上   新潮文庫 フ 7-1Sigmund Freud 高橋 義孝

おすすめ平均
stars個々に対応していない
starsフロイトを学ぶなら是非
starsこの書物こそフロイト入門
starsある意味科学への分岐点であるフロイト
stars知は力である!?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



歌うクジラ (創元推理文庫)
歌うクジラ (創元推理文庫)Robert Siegel 中村 融

おすすめ平均
starsクジラの詩的なファンタジー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



クジラは昔 陸を歩いていた―史上最大の動物の神秘 (PHP文庫)
クジラは昔 陸を歩いていた―史上最大の動物の神秘 (PHP文庫)大隅 清治

おすすめ平均
stars海に戻ったクジラたちを想いつつ・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



数学物語 (角川ソフィア文庫)
数学物語 (角川ソフィア文庫)矢野 健太郎

おすすめ平均
stars中学生くらいが読むとよいでしょう
stars見所は?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



自分「プレゼン」術 (ちくま新書)
自分「プレゼン」術 (ちくま新書)藤原 和博

おすすめ平均
starsこういうのもありなんだー、と思わせられます。
stars個性を持った個人として自分をプロモーションしよう
starsITを利用した自己アピール
starsいいよ!
starsさすがリクルートのフェローだけのことはある

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



EQ―こころの知能指数 (講談社プラスアルファ文庫)
EQ―こころの知能指数 (講談社プラスアルファ文庫)Daniel Goleman 土屋 京子

おすすめ平均
stars感情を制するものが社会を制する
stars子を持つ親として
stars親のための教科書
stars情動の支配を調整する術
starsこれからお母さんになる人に読んで欲しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




はたまた、それぞれ105円で購入。
しめて840円のところ、素敵な偶然のおかげで、50円引きの790円。
本が溜まってくぜ。フッフッフ。

ブックオフで本を見ていると、自分がどういう物に興味があるのかがなんとなく見えてきます。
今はクジラが大好きみたい。クジラヲタにでもなろうかしら。
心の深いところにばかり向いていた興味の向きが、浅いところにも向くようになってきて、人にどう見られるかも考えるようになってきた。まだうまく割り切れていないけど、見知らぬ誰かのために自分を変えていくような方向にも向いてきています。
まだうまく言葉にはできないんだけど、固まっていた物が柔らかくなってきて、そのまわりを少しずつ広く包み込んでいっている感じ。
厳しくて怖くて、楽しくてたまらない世界。

What A Wonderful World !!

  1. 2009/03/25(水) 14:00:44|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ